アメリカNYでの「マイペース日記」


by boston_french
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:My Cooking Diary( 12 )

土曜は夏のようなとってもいいお天気。ボストンのお友達が遊びに来てくれてマンハッタンで再会しました、楽しい時間をありがとう~!!

そして引き続き今日の日曜も夏のようなお天気です。旦那さんはお仕事でお部屋に籠もって頑張っているので、彼の好きなお料理にしました。そして今日お手伝いしてくれたのはボストン時代からのお気に入りのこの子。↓ 
a0212862_1238219.jpg

このパステルブルーのグラデーションのとっても優しい色合い、一人で黙々とお料理している私をリラックスした気持ちにしてくれます。

さて、旦那さんのお気に入りメニューの一つは「鯛めし」、そんなに手のかかるお料理ではないですが、アメリカでこの味が嬉しいみたいです。いつもは土鍋で作るのですが、今回は手に入った鯛が少し大きかったので、写真のルクルーゼのブレイザー(フランスではブレゼ、と言い蒸し煮用のお鍋)で作ってみました。
a0212862_1222879.jpg

あらら・・・、お魚の頭が反対に向いていました。リラックスしすぎましたね。。
a0212862_1241875.jpg

ネギとゴマ、千切りのしょうがなど薬味もたっぷり入れて完成。身をほぐして混ぜてしまうので失敗も何のその?!

ご馳走様でした☆
[PR]
by boston_french | 2012-05-13 23:22 | My Cooking Diary
先日のお友達ご夫婦を招いてのホームパーティー。ソファーにて少しおしゃべりするのに「ウエルカム・カクテル」を用意しました。作ったのは、少し前からのお気に入り、「イチゴのフローズン・ダイキリ」。
a0212862_5521324.jpg

夕食の前なのでミニ・グラスに。+小粒のイチゴも盛り付けてみました。

イチゴのカクテルを作りたかったのですが、イチゴの真っ赤な色が出て全然可愛くなーい・・・ということで、フローズンカクテルにしてみたところ、想像以上の仕上がりで大正解でした♪

水っぽくならないようにイチゴと氷のバランスが大事ですが材料はいたってシンプル。イチゴ、ラム酒、シロップ(グラニュー糖&お水)、氷のみ。氷をクラッシュできるミキサーに入れて完成です。

フローズン・カクテルなので、氷のシャキシャキがひんやりおいしいです。これからの夏場にも良さそうです。お試しあれ~。
[PR]
by boston_french | 2012-05-08 05:40 | My Cooking Diary
週末はマンハッタン在住のお友達ご夫妻をお招きして我が家でディナー。

部屋の窓から見える景色が随分グリーンになってきたのでテーブルもこの景色をイメージしてみました。(我が家からは実は海も見えます♪)
a0212862_9372974.jpg

明るいグリーンを基調にして5月らしい爽やかさが出るように、そしてウエッジウッドのナンタケットシリーズの食器に合わせて、自作のバスケットはバゲット用に、ナンタケット島と言えば…のアジサイをセンターに飾りました。
a0212862_9351545.jpg

そうそう、ナンタケット・シリーズのソルト&ペッパーボトルは島のシンボルでもある「灯台」。これが可愛くてお気に入り!

お部屋もとっても明るくなったような気がします。このところお天気も悪くて気温の低い日がしばらく続いていたのですが、これからはどんどん良い季節になっていきますし、何だか元気が出てきました。

来週も一週間がんばりま~す!
[PR]
by boston_french | 2012-05-06 09:17 | My Cooking Diary
日本へ帰国してしまったボストンの大切な大切なお友達。彼女からクリスマスプレゼントにお料理の雑誌&本が新居へ届きました。とーっても素敵な女性だけあってそのセレクションのセンスはさすがでした。

折角頂いたお料理本なのでどんどんトライしています。今回はお友達とのティータイムのデザートに。
a0212862_5342229.jpg

ボストンの大好きなお友達ご夫婦が我が家に遊びに来てくれることになったので、楽しい感じになれば、と思って用意してみました。本をちょっとだけアレンジして、ラズベリー、ブルーベリー、イチゴ、3種類のフレッシュ・ベリーのフィンガー・フードにしました。

ブラウニーを焼いたくらいでお料理と言えるわけではないですが、特別なものを用意しなくてもちょっと竹串に刺してお皿にきれいに並べるだけで素敵なティータイムの演出になるんですね♪
a0212862_5413469.jpg

お友達ご夫婦には、私のお誕生日に・・・と、大好きなお店「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」のチョコまで頂いてしまいました。折角の再会だったのでもっとゆっくり会えればよかったのですが我が家の旦那さんのお仕事の関係で我が家でのティータイムのみ。。Mちゃんご夫妻、本当にありがとうね、また改めて~♪
[PR]
by boston_french | 2012-03-05 05:08 | My Cooking Diary

Korean Dinner

夫婦揃って仲良しのコリアンのお友達、彼女たちともお別れの時間が迫ってきました。マンハッタン時代からのお友達なので私のアメリカ生活全てを知る唯一の大切なお友達。

そんな彼女が、お引越しの少し前、以前ビーフマリネをプレゼントしてくれたもう一人のコリアンのお友達と一緒にお別れ会を企画するね、ということで夫婦揃ってディナーに招待してくれました。
a0212862_7213742.jpg

お互い旦那さんの仕事の都合でNYからボストンへも同じころに移動し、NYとボストンのギャップに驚き、新しい生活への不安も語り合ったことも。2人でボストンを探検したり、お抹茶&お干菓子で日本風ティータイムも紹介したり・・・。もう4・5年前と考えると時間の早さにちょっぴりドキっとしますが楽しい思い出ばかり。
a0212862_7251493.jpg

この日は、お料理、た~くさん用意してくれました。薄くスライスしたラディッシュを甘酢で軽く味付けしてお野菜を巻いたフィンガーフード。なかなか「ポップ」な仕上がりですよね。
a0212862_7481457.jpg

上の写真のお料理の名前、、、忘れそう…と思って何度も聞いたのに、やっぱり忘れてしまいました。チヂミは私が好きなので用意してくれて、キムチはもちろん自家製!チャプチェは作っているところにお邪魔して。。
a0212862_7322426.jpg

そしてこの日のメインは真っ赤ですっごく辛そうな自家製ソースに漬けた「ダッカルビ」。今回はコリアンの人が「普段食べる辛さ」で挑戦したい、ともリクエストしてありました。
a0212862_7402434.jpg

真っ赤なダッカルビを見たとき、とーっても辛そうに思いましたが、でも実際そんなことはなくて。日本で頂くコリアンのほうが全然辛いことが返って驚きです。
a0212862_738347.jpg

コリアンスタイルで目の前でジュージュー焼いてくれます。白いのは韓国の棒状のお餅、それにニンジン、キャベツなどのお野菜を加えて。

ダッカルビ、日本でも昔に流行りましたよね~。まさかダッカルビを知ってると思わなかったようで、この話をしたら、とってもびっくりしていました。
a0212862_743115.jpg

そして夜は更けるのですが、この日はさすがに帰りがたくて。真夜中過ぎまでおしゃべり…。外に出たらこの時期にしては珍しい「どしゃ降り」。まるで私の気持ちのようでした~~。
[PR]
by boston_french | 2011-12-22 07:27 | My Cooking Diary

Cream Cheese & Pumpkin Tarte

今年のサンクスギヴィングは知り合いのお宅にてターキーを焼くというのでお誘い頂きました☆

私はサラダとサンクスギヴィングの定番のデザート「パンプキンパイ」をちょっとアレンジしたものを作って持って行きました。
a0212862_773664.jpg

一見は普通のパンプキンパイなのですが、カットした側面が白とオレンジの二層になるんです♪ クリームチーズとパンプキンのレイヤー・タルト。
a0212862_7113630.jpg

パンプキンとクリームチーズは仲良しの組み合わせ。パンプキンonlyよりも食べやすいです。手作りなので甘さ控えめにして。冷たくして頂きます。
[PR]
by boston_french | 2011-11-25 06:53 | My Cooking Diary

パスタ会

この週末はイタリア人のお宅でのホームパーティーへ。彼女の自慢のパスタをご馳走になってきました。
a0212862_13454094.jpg

クリームソースのパッパルデッレ。これフィットチーネ?と聞いたらパッパルデッレなのよ、と。確かに幅広です。

そして前菜には生ハムとツナのエッグロールなどなど、イタリアのブルーチーズ・ゴルゴンゾーラも。セコンディはチキンとほうれん草のグリル。たくさん用意してくれました。Grazie!

どれもおいしかったけど、やっぱりパスタは最高です。アルデンテはもちろんのこと、程よい塩味、濃厚なのにしつこくないソースはパスタとの絡みもばっちり。いつものセリフですがボストンには無いお味です。また食べたい。。。

最後はロングボトルのお酒で〆。名前は忘れてしまいましたが、似たようなお酒がヨーロッパ各地にあります。ハーブで香りつけをした蒸留酒。アルコール度はちょっと高めですが私は結構好きです。
a0212862_13541354.jpg

イタリアではお料理にそれぞれの家庭の秘密の味があるのだそう。でもお母さんは決して教えてくれないのだとか。だからマンマの味は超えられないんだそうです。

スペイン人の友人もそんなことを言っていました。彼女のクロケッタはスペインのどのお店で食べるよりおいしかったのですが、それでもお母さんの味には勝てないのだとか。

母の味は世界最強ですね~。
[PR]
by boston_french | 2011-11-06 13:28 | My Cooking Diary
10月のレッスンで透明なチキンストックを作りましたが、このストックの応用レシピ。

我が家は夫婦2人なのでバゲットが残ることが多々あります、この残りを使って寒い日にぴったりのオニオングラタンスープを作りました。
a0212862_23435630.jpg

他には玉ねぎ1個とチーズを用意します。パセリがあれば最後に散らすときれいです。

玉ねぎはオリーブオイルと共に弱火であめ色になるまで根気よく炒め、炒めたらストックを足し塩コショウで味を見て少し煮込みます。そして、器にバゲット2切れ、オニオン入りのスープを注ぎ、チーズを乗せ、オーブンへ。オーブンから出してパセリなどを散らして完成。

あめ色玉ねぎは一度にたくさん作っておいて冷凍でストックしておいても便利。自家製のスープストックなので余計なものを入れなくても風味豊かに仕上がります。

寒い日の週末ブランチにオニグラはぴったりです、ぜひ試して見てくださいね~。
[PR]
by boston_french | 2011-11-02 23:34 | My Cooking Diary
最近はまっているのが「パパイヤ」。
a0212862_1236289.jpg

今までほとんど食べる機会がなかったのですが、お友達のお宅で出して頂いて以来、はまってしまいました。教えて頂いたポイントはレモンと一緒に頂くこと。
a0212862_1241495.jpg

レモンの果汁をかけて頂くと絶品!私はパパイヤはそのままでは少し苦手なのですが、レモン効果でとっても美味しく頂けています☆

アメリカではマンゴーやパパイヤ、その他にも南国フルーツがお手ごろ価格で気軽に買うことができますよね。ちなみにパパイヤは「トレジョ」や「ルッソ」で買いました、3ドルくらい。外側が黄色っぽくなれば熟して食べごろだそうですよ。
[PR]
by boston_french | 2011-08-27 12:13 | My Cooking Diary
コリアンのお友達から自家製ビーフマリネの頂き物をしました。
a0212862_6271717.jpg

お料理好きで通っている彼女。自慢の韓国料理の一品だそうで、よく作っているそうです。
嬉しい☆頂いた日のお夕食に早速頂きました。

お野菜とごま油、おしょうゆ、お砂糖、ガーリックでマリネされているようでした、レシピを次回聞いてみようと思います。たっぷりガーリックでおいしかったです。
[PR]
by boston_french | 2011-08-25 06:16 | My Cooking Diary